一日一善 One good thing a day

こんにちは。saoriです。

最近一日一善を心掛けています。

とても小さな事で良いので、自分に出来る範囲の事をやろうと決めています。

例えば、

  • 1日1つ好きな人の良い所を口で伝える
  • 1日1つ他者に対して自分の出来る範囲の親切を行う(出来る範囲と言うのがとても大事で、出来ない範囲でやってしまえば、いずれやってあげたのにと言う想いが募るかもしれないので…それがのが嫌なので…。)
  • 見返りを求めない奉仕精神で
  • 当たり前にありがとうを伝える
  • 当たり前に自分から挨拶をする

そんな事を意識してやっています。

きっと、それは自分にとっても他者にとっても良い影響があると思います。

最近の出来事ですが、

今日は、駅の改札口に落ちていた保険証を駅員さんに届けました。

昨日は、自転車置き場で、おじいちゃんが困っていたので横に倒れていた何台かの自転車を起こし、手を差し伸べました。

その前の日は、ランチを食べに訪れたカフェの店員さんに、ありがとう!ご馳走さまでした!とても美味しかったです。と素直な気持ちを伝えました。

本当に些細な事なのですが、なんだか自分もhappyな気分になり、嫌な出来事はスッと何処かに飛んでいく感じがしました。

キーポイントは、迷わない事です!

思ったらすぐに行動する事を心掛けています。

そんな事を意識してやっていると、物事の良い面を見る癖みたいなのが、自然と出来るようになってきたかな?と感じています。

と言うより、今まで意識していなかったから気づけていなかったのだと思います。

困っている人が側にいても、見えていなかったのかもしれません。

意識する事で、困っている人に気付く事や、

ありがとうと感謝の気持ちを伝える事で、他者から向けられる笑顔や、自分が笑顔になる回数も増えたな。と気付けるようになったと思います。

単純に、

素敵だと思った人の、素敵な所や、好きな所を伝える

凄いと思った人に、凄いと伝える

嬉しい!ありがたい!と思った人にありがとうを伝える

目の前に困っている人がいたら自然に手を差し伸べる

そういった事は特に躊躇する必要などないと思います。

伝えるのが恥ずかしい、行動する事で目立ってしまわないかな?などと迷ってしまったり、躊躇してしまう事はとても勿体ないです。

そんな事は考えず、素直にポジティブな気持ちを相手に伝え、積極的に自分の出来る範囲の事をやる事で、きっとプラスの効果が現れると思います。

なので、これからも、無理のない範囲で続けていこうと思います。

きっと、相乗効果で、それ以上にハッピーな出来事や、人とのご縁、自分の中の幸せな感情、また別の人から親切を頂く事などに繋がっていくと思います。

今日はそんなお話でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡

最後の大会 The last tournament

こんにちは。saoriです。

息子は明日、小学生生活で最後の野球大会、区長杯と言う大会に挑みます!

負ければ終わり、勝てば今のメンバーでまだあと少し試合が出来る。

最後の試合にならないよう、言霊効果でここに書かせてもらいます。笑

書いている今も涙が出てきそうになります。

ドキドキ…

息子は2番手投手で指名されていました!なので、今週はいつも以上に頑張って練習しました!

悔いの無いないように、この大会を思いっきり楽しんで試合に挑んでほしいと思います!

金メダルを掴み取る為に、私は祈るしかできません。優勝しますように…

いや、絶対に優勝するぞ!

Hello. I’m Saori♡

My son will challenge the last baseball tournament in elementary school tomorrow, the city tournament!

If the team loses, the tournament will end here.But If this team wins, my son can play a little more game.

I’ll write it here so that it won’t be the last game.

There are a lot of memories, and I feel like I’m going to cry while writing.

I’m pounding…

My son was nominated as the second pitcher! So I practiced harder than usual this week!

I want you to enjoy this tournament to the fullest and challenge the game so that you don’t have any regrets!

I can only pray for my son to win the gold medal.

I hope this team wins…

No, My son’s team will definitely win!

It’s far away, but please pray that my son’s team will win. Please👏

余計な一言

こんにちは。saoriです。

人間関係において、余計な一言は付きものですよね。それ、わざわざ言わなくても良くない?と言う言葉…ありますよね。

2020年6月よりパワハラ防止法が企業に義務付けされました。今まで以上に使う言葉には気をつけなければなりません。そういう時代なんですね…。

言われたらモヤモヤする事もありますし、

逆に良かれと思って言ってしまう事もあります。

なので、言葉は言い換えて伝えましょう。

余計な一言5選

1.疲れてる?

これは言ってしまう事も多いのではないでしょうか。

私は言われる事が多いです。笑

→久しぶり!元気だった?

こう言えば差し支えないです。

2.私の事覚えていますか?

これも、あるあるですよね。

言われると、もし覚えていなかった時相手に罪悪感を抱かせてしまいます。多忙な人で覚えていない可能性もあります。

圧をかけないようにしましょう。

→あのときの、○○です。

と名前を言いましょう。

3.私も同じだからわかる〜

???ほんとに???

ほんとに、同じでしょうか?

考えてみましょう。

相手に対し、どこにでもある、あるあるみたいな軽い出来事にして伝えてしまいます。

→同じじゃないけど、わかる気がする

と伝えましょう。

4.言ってくれれば良かったのに…

言えないの。。。

それなのに、なんで言わなかったのよ!と言わなかった事を責めているように感じてしまいます。

言ってる人は、言ってくれれば助けたかったという思いで伝えているかもしれません。

なので、

→力になりたかった。今度もしそう言う事があったら連絡してね。

と素直に伝えましょう。

5.自慢じゃないけど

絶対自慢ですよね?笑

→自慢しても良いですか?

と先に言ってから伝えると、なぜか、凄い!と言いたくなります!

いかがでしたか?

言ってしまう事もありますよね。

言い方を少し変えるだけでも感じ方が違ってきます。

私も同じだからわかる!は、つい言ってしまっていました。自分では共感しているつもりで言っていましたが、相手の重い出来事をあるあるにしてしまっていたかもしれません。

気をつけようと思います。

言い換え図鑑には他にも沢山掲載されています。↓↓

是非手に取って読んでみて下さい!


よけいなひと言を好かれるセリフに変える働く人のための言いかえ図鑑


よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑

最後まで読んで頂きありがとうございました。

言葉の力 〜箱根駅伝 青学〜

こんにちは。saoriです。

日本お正月、今年は箱根駅伝をTVで観られた方も多いのではないでしょうか。

我が家は家族で観ました。

シード権争いでは、感動して涙が出てきました…

往路を制した青学大が10時間43分42秒の大会新記録で、2位順大に10分51秒差を付ける圧勝!!2年ぶり6度目の総合優勝!!

凄いですよね!!

原監督のインタビューを聞いて、学生達への想いや、育てていく上での覚悟を感じました。

もちろん、選手達の血と汗が滲む努力の結晶で成し遂げた優勝だと思います。

そこにプラス、原監督の渾身のエールや声掛けが選手達に響いていたのではないでしょうか。

原監督は、「かける言葉によって学生がプラスアルファの力を出してくれる」と話していました。

数々のこだわりの“褒める”声掛け

『区間新記録出るよ!3分ペースでいっても区間新だ!大幅更新だ!』

『いいよ~すごいよお前!すごいっ!』

『ヒーローになっていくよ!ヒーローに!』

『輝いてるよ、すごいなお前!』

『すごいなお前!輝いているよ、いけるよ、頑張ってるな!みんなが見てるぞ!』

『さぁ神野ここからだぞ、山の神になれるよ。』

『すごいよ秋山。お前、湘南の神になれるよ!』

など、選手のやる気を引き出す原監督ならではのキャッチーな伝え方。

それは、「その子のいい所をできるだけ見てあげよう」という気持ちから出たものだと思います。

正しく伝えて、褒めるところは全力で褒めていく、そういう世界を作っていかないといけない。と原監督は言います。

原監督がサラリーマン時代に培った知識で選手達を育成し、素人だからこそ生まれるアイデアや発想力を活かし常勝チームを作り上げたのです。

原監督がこのような指導法をはじめたきっかけは、自身の少年時代に日本の教育へ疑問を感じたことにあるそうです。

当時の少年期は楽しくやったら否定される文化があり、当時から『それっておかしいよね』となんとなく感じていたそうです。

どちらかというと日本の教育はマイナス面を補っていこうというもので、プラス面を言うと「なに勘違いしているんだ」という風に否定される文化。

指導者の立場としてそれはダメだと、やっぱり良い所は良い、悪い所は悪いという風に前を向いて未来志向で頑張っていこう!という思想になっていったそうです。

原監督自身の経験から今の思想や指導法が生まれたのですね。

学生達の育成以外でも、会社の部下や子育てにも大変参考になり勉強になります。

私も誉める育成法を実践していきたいと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

いつも誰かに振り回されている人へ

こんにちは。saoriです。

いつも誰かに流され、振り回されて疲れている人…いますよね。

私がそうです。

自分でもわかっているんです。

わかっていても流されて振り回されてしまう。疲れますよね…でも、そんな人って案外多いのではないでしょうか?

なので、どうやったら振り回されずに済むのかを勉強して、2022年は振り回されない日々を送りましょう!

今日は、いつも誰かに振り回される人への対処法を大嶋信頼さんの著書を参照に書いていきたいと思います。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

  1. 他人優先(他人の思いを気にしすぎて自己嫌悪に陥る)
  2. 一喜一憂(嫌な人に寄っていき、他人の評価を深読みし、劣等感を抱く)
  3. 感情伝染(共感力が高く、イライラや悲しみが入ってくる)

この3つを持ち合わせている人は、いつも誰かに振り回されている可能性が高いです。

自分の性格がそうだから、自分の性格を直さなければいけないと思い、落ち込んでいる方!

それは間違いです!原因は性格ではないので、自分の性格を治そう治そうとすればする程、負の連鎖に陥ってしまいます。

では、原因は何なのか?

答えは、脳のメカニズムにあるそうです。

人間にはミラーニューロンという他者の行動に対して共感することができる神経細胞が兼ね備わっています。

例)映画を観ている時に痛々しいシーンを観て痛そうと感じ思わず目を瞑ってしまう事や、悲しいシーンで自分も感極まって泣いてしまう。と言った事がありますよね。それがミラーニューロンです。

なので、ミラーニューロンとは皆が持っている神経細胞なのです。

しかし、振り回されやすい人と言うのは、そのミラーニューロンが非常に強く、電波の受信機能がかなり優れていて人よりもかなり受信しやすいそうなのです。

それにプラス、過去の辛い経験から緊張スイッチが故障してしまい、いつも緊張サイレンが薄く鳴っている状態で、尚且つ、傷付いた心の傷を治そう治そうと脳内麻薬エンドルフィンをいつも出して傷を緩和させているそうなのです。

そして繰り返し脳内エンドルフィンが分泌されてしまう事で脳が麻痺してしまい、中毒症状になり、今度は自らがそれを求めに行ってしまうと言う状態に陥ってしまうそうなのです。

怖いですよね…

でもわかってもらいたいのが、

これは脳の問題と言う事です!

自分の性格のせいで、自分が悪いからいつも他人に振り回されるのだと思い込み、自分の性格を直そうと直そうと努力している事がそもそも間違いだと言うのです。それは自己否定しているのと同じことなのです。

対処法(自分のケア)

脳の中でガチガチに固められた構造を解いていく必要があります。

ではどうすれば良いのか?

1.感情を分別する

色んな感情が自分の中に流れ込んできて、自分の感情と相手の感情がごちゃごちゃになっていると思います。

なので、これは自分の感情か?相手の感情か?を分別します。

パニックになりやすいので、心がドキドキしてきたら、必ず自分に聞いてみて下さい。

“私の心よ!これは私の感情ですか?”

“My heart! Is this my emotion?”

そしたらあなたの心は答えてくれます。

「No.」と。

心の中で自分に問いただす習慣をつけてください。

そうすると自然と心が落ち着いてきます。このルーティーンが凄いパワーを運んでくれます。

実は、この自問自答の習慣が身に付けば殆どが解消されるそうです。

2.ブロックする

特に、比較や評価に対しては壁を作って下さい。

振り回されやすい人は、比較や評価にすごく敏感な為、自分に対しての悪い言葉や評価には近づかない!

そして、「ブロック!」と言って下さい。

言葉の力は絶大です!言って良いそうです!

「ブロック!」と。自己暗示ですね!

「いやいや、わかっているんだけど、それができないんです。」って今思いましたか?

実はそれも自己暗示なんです。「できない」と言う言葉も暗示なんです。面白いですよね。

言葉に出して言う事って、絶大な力になるそうです。

例えば…

「夜中にラーメン食べたら太るってわかってるけどねー、ついつい食べちゃうんだよねー。」って言ってませんか?

言ってませんか??笑

言葉っていうのは本当にそうなってしまうのですね。言葉の力を侮ってはいけません。

自分から出た言葉で自分の行動を作るのです。

だから言うのです!

「ブロック!」と言葉にしましょう。

3.憧れの人の真似をする

あの人ならどうするか?

憧れの人の真似をする。憧れの人になりきる。

まず憧れの人を自分にインストールします。

そして、自問自答、分別が習慣化できるように日々ルーティーンします。

だいぶ、感情を分別できるようになったし、比較や評価もブロックできるようになったし、言葉に出して言えるようになった!もう大丈夫!と思えるようになったら、憧れの人をアンインストールするそうです。

そしてここでも、「もう大丈夫!」と言葉に出して言って下さい。

いかがでしたか?

色んな感情を受信しやすいミラーニューロンはHSP(繊細さん)傾向の人に多いと思います。

自問自答、言葉に出して言う習慣を是非実践してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法


「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本