ADHD 集中して話を聞いている時の仕草

こんにちは。saoriです。

今日はADHDの人が集中して話しを聞いている時の仕草を書いていきたいと思います。

私は、ADHD注意欠如多動性障害という発達障害ですが、人の話しを集中して聞きたい時ほど、手が動いたり身体が動いたりしてしまいます。頭を下にして目を瞑ったり、上を向いて髪の毛を触ったり、ペンを触ったりしてしまいます。

その方が落ち着くからです。

その方が話しに集中できるからです。

しかし、社会的には、きちんと相手の目を見て、うん、うんと頷く事までが話しを聞いているとされる為、よく他者から話しを聞いていないと勘違いされてしまいます。

逆に相手の目を見て、うん、うん、と頷く事を意識しなければならない時ほど話しが入ってきません。

なので、聞いているようで、聞いていないとなってしまい、ちょっと!それさっきも言ったよね?だから、その話しをさっきからしているんだよ!と怒られる事もしばしばです。

その結果、話しのすれ違いや、噛み合わないといった事が起こってきます。

発達障害と知っていて、受け入れてくれてる人には、笑って許してもらえますが、

知らない人にとっては、おかしな人だな?変な人だな?と勘違いされてしまったりもします。ちゃんと話しを聞いていた?と困らせてしまったり、怒らせてしまう事もあります。

仕事関係、友達、ママ友、配偶者、義理の両親などといったコミュニティの中でそういった事が頻繁に起こってしまい、相手を困らせてしまったり、又自分も困ってしまいます。

なので、こういう人もいるのだと知ってもらえるだけでも、ありがたいです。

真剣に話しをしている時、目が合わせられなくて、つい動いてしまうなどといった人もいるのだと理解するだけで、関係性が築きやすくなると思います。

子供の頃から、相手の目を合わせてうん、うん、と頷く事が話しを聞いていると大人から教わり、潜在的にそうしなければならないと意識してしまい、結果話しが全然入ってこないのです。

それが、発達障害の生き辛さの一つだったりもします。

しかし、一般的には、

暇だなぁ…とか、つまらないなぁ…といった感情を抱いている時に身体が動いてしまう人も多いと思います。

なので、ADHDで多動性障害だと分かっている人に対しては、真剣に話しをしている時に身体が動いていても、あ、今は聞いているのだな。と理解を深めるだけでも不快な思いにならないと思います。

私自身も子供が発達障害だとわかるまでは、話しをしている時はちゃんと相手の目を見て返事をするのだよと教えていました。

しかし、子供はなぜか目を見るのをすごく嫌がっていました。

その時は、目を見て話しを聞く事をなぜ嫌がるのか、理由がわからなかったのです。

私自身も発達障害だとわかり、自分を見つめ直していくうちに、そうか!だからか…とわかりました。

自分でも、真剣に話しを聞きたい時に身体が動いてしまったり、目が合わせられない事に全く気がついていなかったのです。

親子関係や対人関係は、少しずつ、ゆっくりでも良いので、お互いが歩み寄りわかり合う事で、心に余裕が出来、溝や傷も修復していけると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


漫画家ママの うちの子はADHD (こころライブラリー)

ADHDの癖

こんにちは。saoriです。

癖は誰にでもあると思います。

その中でも、ADHD傾向(発達障害)でよく見られる癖というのを今回書いていきたいと思います。

今回書かせて頂く内容ですが、この癖があるからといって発達障害だと判断するものではなく、あくまでADHDの特性からくる癖だと思って読んで頂けたらなと思います。

1.爪噛み

2.皮めくり(爪、手、唇など)

3.歯ぎしり(噛み締め)

4.指しゃぶり

5.唇噛み

6.抜毛

7.貧乏ゆすり

8.おなら

9.ゲップ

10.関節鳴らし


癖の心理学 人のクセみて我がクセなおせ

ADHDの場合、癖がなかなか治りません。

私は子供の頃寝ている間、歯軋りをずっとしていた様です。

集中している時に歯をぐっと噛み締める癖は今も昔も治りません。

歯を噛み締めている時は、自分では全く気づかないです。ずっと顎に力が加わっている為集中力が途切れた途端、頭痛に変わります。

息子の場合、指しゃぶりが中々治らず開口で前歯が出てしまい、歯並びも悪くなってしまいました。爪噛みは未だに治りません。爪はガタガタです。

オナラはダメだとわかっているのに、してしまうそうです。

「ちょっと待って!」とわざわざ皆んなに注目をさせてからオナラをします。学校でも家でも治りません。いくら周りの皆んなが不快な顔をして怒っても度々します。空気が読めないのだと思います。これもADHDの特性だと感じます。

この他に、癖と言うよりは脳の発達途中による症状かなと思うのですが、私は子供の頃に、息子は現在12歳ですが、脳が疲れている時に夢遊病の症状が出る時があります。

ADHDや発達障害の症状と断定されるものではないので、あくまで我が家の一例として書かせて頂きます。(遺伝的要素も含まれると思います。)

夢遊病と言うのは、睡眠中、脳は寝ているのに身体は動くといった症状です。動いている間、本人は全く覚えていません。

大きな声で「起きて!」と言えば脳も目覚めます。

息子は真夜中に夢を見ながら家の玄関まで行き、扉を開けて外に出ようとした事がありました。気が付いて良かったですが一歩間違えれば事故に合うかもしれません。

赤ちゃんの頃全然寝てくれなくて、寝つきが悪かったのは、夢遊病と何か関係があるのかな?と感じたりもします。

そして不安が募ると、チックの症状が出ます。

チックは本人の意思とは違う動きで出てしまうので、直そうとすればするほど酷くなってしまいます。周りが言うと更に酷くなってしまいます。

今回は、ADHDの傾向でよく見られる癖と言う事で書かせて頂きました。

精神的不安からきていて今は無理に治さず何も言わないで癖のままでも大丈夫な場合と、指しゃぶりなど開口になってしまい歯並びがガタガタになってしまうなど、治した方が良い場合と個人での判断が大変難しいと思います。

癖を治したいけど、自分の意思では中々治らなくて困っていると言う方は病院で診てもらう事も可能です。小児科、心療内科、精神科等で診てもらえます。

困っているという方は専門医で診てもらう事で症状が改善するかもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


大人のADHD ――もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)