ADHD 集中して話を聞いている時の仕草

こんにちは。saoriです。

今日はADHDの人が集中して話しを聞いている時の仕草を書いていきたいと思います。

私は、ADHD注意欠如多動性障害という発達障害ですが、人の話しを集中して聞きたい時ほど、手が動いたり身体が動いたりしてしまいます。頭を下にして目を瞑ったり、上を向いて髪の毛を触ったり、ペンを触ったりしてしまいます。

その方が落ち着くからです。

その方が話しに集中できるからです。

しかし、社会的には、きちんと相手の目を見て、うん、うんと頷く事までが話しを聞いているとされる為、よく他者から話しを聞いていないと勘違いされてしまいます。

逆に相手の目を見て、うん、うん、と頷く事を意識しなければならない時ほど話しが入ってきません。

なので、聞いているようで、聞いていないとなってしまい、ちょっと!それさっきも言ったよね?だから、その話しをさっきからしているんだよ!と怒られる事もしばしばです。

その結果、話しのすれ違いや、噛み合わないといった事が起こってきます。

発達障害と知っていて、受け入れてくれてる人には、笑って許してもらえますが、

知らない人にとっては、おかしな人だな?変な人だな?と勘違いされてしまったりもします。ちゃんと話しを聞いていた?と困らせてしまったり、怒らせてしまう事もあります。

仕事関係、友達、ママ友、配偶者、義理の両親などといったコミュニティの中でそういった事が頻繁に起こってしまい、相手を困らせてしまったり、又自分も困ってしまいます。

なので、こういう人もいるのだと知ってもらえるだけでも、ありがたいです。

真剣に話しをしている時、目が合わせられなくて、つい動いてしまうなどといった人もいるのだと理解するだけで、関係性が築きやすくなると思います。

子供の頃から、相手の目を合わせてうん、うん、と頷く事が話しを聞いていると大人から教わり、潜在的にそうしなければならないと意識してしまい、結果話しが全然入ってこないのです。

それが、発達障害の生き辛さの一つだったりもします。

しかし、一般的には、

暇だなぁ…とか、つまらないなぁ…といった感情を抱いている時に身体が動いてしまう人も多いと思います。

なので、ADHDで多動性障害だと分かっている人に対しては、真剣に話しをしている時に身体が動いていても、あ、今は聞いているのだな。と理解を深めるだけでも不快な思いにならないと思います。

私自身も子供が発達障害だとわかるまでは、話しをしている時はちゃんと相手の目を見て返事をするのだよと教えていました。

しかし、子供はなぜか目を見るのをすごく嫌がっていました。

その時は、目を見て話しを聞く事をなぜ嫌がるのか、理由がわからなかったのです。

私自身も発達障害だとわかり、自分を見つめ直していくうちに、そうか!だからか…とわかりました。

自分でも、真剣に話しを聞きたい時に身体が動いてしまったり、目が合わせられない事に全く気がついていなかったのです。

親子関係や対人関係は、少しずつ、ゆっくりでも良いので、お互いが歩み寄りわかり合う事で、心に余裕が出来、溝や傷も修復していけると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


漫画家ママの うちの子はADHD (こころライブラリー)

2022年度 初練習 〜グランド開き〜

こんにちは。saoriです。

今日息子は、所属する野球チームで、2022年度初めての練習でした。

毎年恒例で神社にお参りし、グランド開きをしました。

明日から試合が続きます。

6年生の試合は残り後わずか…

どの試合も、金メダルを目指して親子で楽しみたいと思います。

Hello.I’m Saori.

Today, my son is a baseball team he belongs to, and it was his first practice in 2022.

I visited the shrine every year and opened a grand.

The game will continue from tomorrow.

The sixth grade game is only a few days left…

I would like to enjoy every game with my parents and children aiming for the gold medal.

Thank you for watching until the end.

saori

ブログ blog

こんにちは。saoriです。

ブログを初めて2か月が経過しました。

今まで投稿した数は、34投稿。

自分では結構書いたつもりだったのですが、まだ34投稿。頑張らねば!!

PV数はと言うと、2か月目で、やっとこせ1000PVを達成しました!!

まだまだブログ初心者ですが、これからも頑張りたいと思います。

blogを掲載するにあたり自分なりに独学で勉強しています。それにより学べる事が沢山あり、すごくいい経験だなと感じます。

その中でも哲学は大変興味深く感慨深いと思いました。

人生は考え方次第で、どうにでも変化していけるものだと学び、これからの人生もっと向上していきたいと思う気持ちが強くなりました。

これからも、自身の経験や体験から学んだ事や感じた事を投稿していきたいと思います。

saori blogをフォローして下さっている皆様、日頃から購読して頂きありがとうございます。

コメントも沢山頂き励みになっております。今後ともsaori blogをよろしくお願い申し上げます。

Hello. It’s Saori.

Two months have passed since I started blogging.

I thought I wrote a lot myself, but I still posted 34 posts. I have to do my best!!

Speaking of the number of PVs, in the second month, we finally achieved 1000 PV!!

I’m still a beginner in blogging, but I’d like to do my best in the future.

When I post a blog, I study on my own way. There are a lot of things to learn from that, and I feel it’s a very good experience.

Among them, I thought philosophy was very interesting and emotional.

I learned that life depends on my way of thinking, and I want to improve my life in the future.

I learned that life depends on my way of thinking, and I want to improve my life in the future.

I would like to continue to post what I learned and felt from my own experiences and experiences.

Thank you very much for subscribing to the saori blog.

I’m encouraging to receive a lot of comments. Thank you for your continued support of the saori blog.

ADHDの癖

こんにちは。saoriです。

癖は誰にでもあると思います。

その中でも、ADHD傾向(発達障害)でよく見られる癖というのを今回書いていきたいと思います。

今回書かせて頂く内容ですが、この癖があるからといって発達障害だと判断するものではなく、あくまでADHDの特性からくる癖だと思って読んで頂けたらなと思います。

1.爪噛み

2.皮めくり(爪、手、唇など)

3.歯ぎしり(噛み締め)

4.指しゃぶり

5.唇噛み

6.抜毛

7.貧乏ゆすり

8.おなら

9.ゲップ

10.関節鳴らし


癖の心理学 人のクセみて我がクセなおせ

ADHDの場合、癖がなかなか治りません。

私は子供の頃寝ている間、歯軋りをずっとしていた様です。

集中している時に歯をぐっと噛み締める癖は今も昔も治りません。

歯を噛み締めている時は、自分では全く気づかないです。ずっと顎に力が加わっている為集中力が途切れた途端、頭痛に変わります。

息子の場合、指しゃぶりが中々治らず開口で前歯が出てしまい、歯並びも悪くなってしまいました。爪噛みは未だに治りません。爪はガタガタです。

オナラはダメだとわかっているのに、してしまうそうです。

「ちょっと待って!」とわざわざ皆んなに注目をさせてからオナラをします。学校でも家でも治りません。いくら周りの皆んなが不快な顔をして怒っても度々します。空気が読めないのだと思います。これもADHDの特性だと感じます。

この他に、癖と言うよりは脳の発達途中による症状かなと思うのですが、私は子供の頃に、息子は現在12歳ですが、脳が疲れている時に夢遊病の症状が出る時があります。

ADHDや発達障害の症状と断定されるものではないので、あくまで我が家の一例として書かせて頂きます。(遺伝的要素も含まれると思います。)

夢遊病と言うのは、睡眠中、脳は寝ているのに身体は動くといった症状です。動いている間、本人は全く覚えていません。

大きな声で「起きて!」と言えば脳も目覚めます。

息子は真夜中に夢を見ながら家の玄関まで行き、扉を開けて外に出ようとした事がありました。気が付いて良かったですが一歩間違えれば事故に合うかもしれません。

赤ちゃんの頃全然寝てくれなくて、寝つきが悪かったのは、夢遊病と何か関係があるのかな?と感じたりもします。

そして不安が募ると、チックの症状が出ます。

チックは本人の意思とは違う動きで出てしまうので、直そうとすればするほど酷くなってしまいます。周りが言うと更に酷くなってしまいます。

今回は、ADHDの傾向でよく見られる癖と言う事で書かせて頂きました。

精神的不安からきていて今は無理に治さず何も言わないで癖のままでも大丈夫な場合と、指しゃぶりなど開口になってしまい歯並びがガタガタになってしまうなど、治した方が良い場合と個人での判断が大変難しいと思います。

癖を治したいけど、自分の意思では中々治らなくて困っていると言う方は病院で診てもらう事も可能です。小児科、心療内科、精神科等で診てもらえます。

困っているという方は専門医で診てもらう事で症状が改善するかもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


大人のADHD ――もっとも身近な発達障害 (ちくま新書)

ADHDの困りごと

こんにちは。saoriです。

今日はADHDの困りごとを、自身の経験に基づいて書いていきたいと思います。

1.とにかく忘れる

  • 忘れないようにメモする事を忘れる
  • メモした事を忘れる
  • メモを見る事を忘れる

2.脳の中がうるさくて集中できない

  • ずっと何かの事を考えている
  • 別の事を考えながら、また別の事を考える
  • 見たもの聞いたもの全部が脳に入ってきて、人の話しを聞けない
  • 人が話していても割り込んで話してしまう
  • 相手に全部伝えたいので、早口で喋ってしまう
  • 何が伝えたいか自分でもわからない為、主語が何かわからなくなる
  • 頭の中の情報をとにかく伝えたいので、声が大きくなる

3.物事の優先順位がつけられない

  • 1つの事に過集中してしまう為、今日中にしなければいけない事がわからなくなる
  • 突発的に行動してしまう為、逆算して計画ができない

4.人の顔と名前を覚えられない

  • とにかく忘れるので、名前が出てこない

5.客観視が出来ない

  • 主観的に物事を判断しがち

6.とにかく眠い

  • 過集中しては、無になるの繰り返しなのでとにかく眠い
  • 無の時は人の話しを聞けない
  • 無の時にぼーっとしてしまう
  • 寝ている時に起こされるとイライラしがち

7.ミスが多い

  • チェックする事を忘れる為ミスが多い

8.整理整頓が苦手

  • 鞄の中がいつも汚い
  • 荷物が多い
  • 財布もパンパン
  • よく物を無くす

9.よく転ける、ぶつかる

  • 脳の中がうるさいので、考え事が多く、周りの物に集中していません
  • よく何かにぶつかるので、知らない間に青あざが出来ています

10.遅刻癖

  • 優先順位や時間の逆算が出来ない為、遅刻してしまいます
  • ギリギリまで行動ができません
  • 事前に準備が出来ません


図解 よくわかる大人のADHD

以上の10項目で、私の困りごとを書かせて頂きました。もっと沢山出てきそうですが…笑

私の場合、子供を育てるまでは何とかなっていました。

しかし、出産後、育児・仕事・家庭の両立となると、ごまかしが効かなくなってしまいパンクしてしまいました。

その中でもダントツでの困り事トップが忘れることです。

つい最近まで、会社員で一般事務の仕事をしていました。忘れないように私なりに何とか工夫してやっていました。

普通に出来そうで出来ない事がADHDの方には多いと思うので、一部参考になればと思い紹介させて頂きます。

コツは単純に忘れないように、

とにかくメモ!メモ!メモ!です。

そして、やる事リストを作る!

やる事リストの中に、次月のやる事リストを作る日もきちんと設けて、やる事リストを作ることを忘れないようにする。

それでも、やはり忘れる事もあります。

その時は、きちんと謝罪して早急に早急にを心掛けます。

やり方は簡単です。今どきパソコンではなく紙なのですが、パッと書けるのであまり忘れないです。(汚い字ですみません。笑)

1.まず、毎日、毎週、毎月、毎年のやる事リストを作ります。

2.次月分やる事リスト作成時に、それらを見ながらピックアップし、漏れが無い様にリストを作成します。

3.突発的な事は随時リストや付箋に書いていきます。

4.自分以外の事はカレンダーに書いていきます。

5.仕事が終わったら、マーカーで消します。

6.忘れないように、必ず就業前、就業中、就業後にリストを確認します。

と、こんな感じで毎日リストを確認しながら仕事をすると、漏れや忘れは極端に減らす事が可能です。

私はこのやり方が一番忘れなかったと思います。

しかし、突発的にも沢山仕事はきます。

優先順位を付けるのが苦手でしたので、手一杯になってきたら必ず上司に相談していました。

やる事リスト、ADHDの方に少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ADHD女子革命: 自分のことが大嫌いだった私が、自分を大好きになって幸せになれた方法

少年野球で学んだこと

こんにちはsaoriです。

息子は小学3年生から現在の小学6年生まで軟式少年野球チームに所属しています。

よくADHDは団体スポーツではなく個人スポーツが向いていると聞きます。理由は、団体スポーツでは何よりも協調性やチームワークが必要とされるからです。

私も息子の協調性の部分では悩んだ事もありました。しかし、私も息子も野球を習っていて良かったと思っています。野球を通して習得できた事が沢山あり、メリットの方が多かったからです。

なので、今日は野球部に入部して習得できた内容について書いていきたいと思います。

4年間で習得できた内容

  • 挨拶
  • 助け合い
  • 思いやり
  • 他者の気持ちに寄り添う
  • チームワーク
  • 価値観が違う人との接し方
  • 感謝
  • 自立
  • 協調性
  • 集団での社会経験
  • ルール

4年間でこんなにも沢山習得できました。上記に挙げた内容については年齢相応に出来るようになりました。ずいぶんと成長したように思います。

少年野球では父親がボランティアでコーチに入る事多く、大好きな父親もコーチで入ってくれる事で家庭以外の場所でもコミュニケーションをとる時間が増えましたそして、小学校以外の場所で仲間が増え、息子の居場所が出来ました。

本人から野球を辞めたいと言う言葉を一度も聞いた事がありません。

なにより、息子の中で1番の自信に繋がったのは、

一つの事を途中で諦めずに最後までやり続けることができた。

というものです。何でも途中で飽きてしまい、つまずくと諦めてしまいがちなので、この経験は息子の中で成功体験として残ると思います。

チームの監督にはADHDの特性を相談しながら野球を続けさせてもらいました。小さなチームなので、相談しやすい環境と言う事もあり恵まれていたと思います。

時には仲間とぶつかるときもありました。サインが覚えられずミスが増え何度も何度も叱られていました。練習が辛すぎて休んでしまう時もありました。

しかし、猛暑の日も極寒の日も早朝から夜遅くまで良く頑張っていたと思います。猛暑の中ダブルヘッダーの時もあり、フラフラになりながら試合をしていました。

今は学校に行けない日もあったりで、本人的に何かを感じています。しかし、野球を頑張れている事、辛くても辞めずに続けられた事が自信となり一歩前へ進む勇気になっていると思います。

我が家の場合は、総合的に見ても野球部に入部して本当に良かったと思っています。

中学校でも野球をしたいと言うかはわかりませんが、少年野球を通して、自分の将来の事を考える良いきっかけになったのではないでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

最大80%OFF Kindle本キャンペーン

通級指導教室について

こんにちは。saoriです。今日は通級指導教室について詳しく書いていきたいと思います。

通級指導教室とは

「通級による指導」を行う別室の事を「通級指導教室」と言います。

通級による指導とは

日本の義務教育における特別支援教育の一つで、1993年度に学校教育法施行規則を改正して正式な制度として始まりました。通常の学級に在籍していながら個別的な特別支援教育を受けることの出来る制度で、子供の自立を目指し、障害による困難を改善・克服するため、一人一人の状況に応じた指導を行います。

ただし、そのような児童・生徒が直ちに「通級による指導」の対象となるのではないです。

「通級による指導」とは通常の学級での指導の工夫や、ティーム・ティーチングなど、他の方法を含めた選択肢の一つとなります。また「通級による指導」の必要性の判断は医学的な診断の有無のみではないです。

・指導内容は具体的に下記の事を指します。

通常の学級に在籍する、比較的軽度の障害がある児童生徒に対して、障害の状態に応じて「特別な指導」を行います。

「特別な指導」とは障害による学習上又は生活上の困難を改善又は克服するため、特別支援学校学習指導要領の「自立活動」に相当する指導のことです。

また、教科学習は通常の学級(現在通っている在籍校)で行います。費用については学校の授業と同じで無料です。但し教材費などがかかる場合があります。

対象児童・生徒

  • 言語障害
  • 自閉症
  • 情緒障害
  • 弱視
  • 難聴
  • 学習障害
  • 注意欠陥多動性障害(ADHD)
  • 肢体不自由
  • 病弱
  • 身体虚弱

特別支援学級・特別支援学校に在籍する児童生徒は対象外です。

指導形態

大部分の授業を小・中・高等学校の通常の学級(現在通っている学校)で受けながら、一部の障害に応じた特別の指導を特別な場(通級指導教室)で受けます。

※月に数回通う形になりますので、その日は通常学級での授業を受ける事ができません。

※通級指導教室に出席した日が通常学級の出席扱いになるかどうかは学校によって変わってきます。

実施形態

  1. 児童生徒が在籍する学校において指導を受ける「自校通級」
  2. 他の学校に通級し、指導を受ける「他校通級」
  3. 通級による指導の担当教師が該当する児童生徒のいる学校に赴き、又は複数の学校を巡回して指導を行う「巡回指導」

があります。

(文部科学省 初等中等教育局 特別支援教育課 「障害に応じた通級による指導の手引 解説とQ&A (改訂第3版)より抜粋)

このように、地域によって実施形態が違っています。

在籍校(現在通っている学校)を通しての申し込みになりますので、指導を受けてみたいとお考えの方は初めに現在通っている学校の先生に確認をしてみて下さい。

不登校児童がこれらの該当にあたるかも地域によってかわります。

参考資料↓↓

「障害に応じた通級による指導の手引 解説とQ&A(改訂第3版)」(文部科学省 編著)より抜粋

令和3年度 大阪市教育委員会 通級指導教室案内

また、通級指導教室に通うとなるとメリットデメリットをお考えになるかと思います。親御さんがメリットと考える事がお子さんにとっては負担になってしまうこともあります。

お子さん気持ちを尊重しつつ慎重に考えていかなければなりません。

「通級指導教室に通うメリット・デメリット」という項目でも記事を書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

海で暮らす人間

こんにちは。saoriです。先日発達障害の記事を読んでいて、ある記事に目がいきました。

発達障害を海で暮らす人間と例えた4コマのイラストマンガを見て共感したので紹介したいと思います。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/16/news012.html (林美由紀さん,ねとらぼより)

息子も、周囲の人達からずるいと言われる事があります。

宿題が出来なかったり、授業中じっとしていられなかったり掃除や当番に集中できなったり…

周りからは親の躾方が悪い!

頑張って学校に行けた日も何で学校に来ないの?みんな嫌でも行ってるんだよ!そんなのワガママだ!サボリだ!等…

色々と言われてしまいます。

本人は周囲の環境に合わせて一生懸命頑張っているのですが、周りからは理解されにくく、

そんな風に写っているんだ…

学校に行けていない自分はダメな人間なんだ…

と落ち込み、集団の中で孤独と戦っています。

年齢相応の事が出来ないと、大人から指摘されたり、からかわれたり、時にはいじめられたりもします。

そういった目には見えない部分が生きにくさに繋がるのではないでしょうか。

ADHDの種類と症状について

こんにちは。saoriです。

今日はADHD(発達障害)の種類と症状について書いていきたいと思います。

発達障害の種類と症状

発達障害はその特性や表れる困りごとによっておおきく3つのに分けられています。

注意欠陥・多動症(ADHD)とは、不注意(集中できない)、多動性(じっとできない)、衝動性(思いつくとすぐに行動してしまう)といった症状が見られる発達障害です。

症状の現れ方によって、

「不注意」「多動・衝動性」「混合型」と分類されます。

ADHDのある子供は、その特性により授業中集中することが難しく、忘れ物が多いなどがあり、叱られる事が多くなりがちです。

叱られる事が増えると自信を失い、追い詰められてしまう事があります。

1.不注意

「不注意」の特性が強く現れるタイプです。

授業中に集中し続けることが難しい、忘れ物が多い、外からの刺激などですぐに気がそれてしまうなどの特性があります。

一方で、自分の興味がある事について考えていたり取り組んだりしていると、話しかけられている事に気が付かない事があります。

2.多動・衝動性

「多動性及び衝動性」の特性が強く現れるタイプです。

動いていないと気分的に落ち着かず無意識に身体が動いてしまう、感情のコントロールが苦手などの特性があります。

授業中でも立ち歩いたり、他の子が答えているのに割り込んで答えてしまうなどの特性から、集団生活の中で落ち着きのない子として指摘されることが多いです。

3.混合型

「不注意」と「多動性および衝動性」の特性をともに満たしているタイプです。

特性自体を治療することは難しいですが、早期から介入し療育をおこなう事で、いじめ、不登校、抑うつなどの二次障害を予防することができると言われています。

・ADHDの原因

原因ははっきりわかっていませんが、とくに関係が深いとされているのが遺伝です。

さまざまな研究により、ADHDは前頭前野を含む脳の働きの偏りや神経伝達物質の機能不全により、不注意や多動・衝動性の症状が現れると考えられています。

ドパミンやノルアドレナリンのような神経伝達物質が不足し神経伝達に異常が起こっていると言われています。

神経伝達物質が不足する事で「物事の優先順位をつけたり、順序だてて行う」などの「実行機能障害」が起こったり、「待つことができない、依存が生じやすい」などの「報酬系の障害」が現れると言われています。また遺伝的な要因や、周産期の要因、環境要因が複雑に絡み合ってADHDの症状が出現すると考えられています。

米国の研究では、ADHDの遺伝率は推計で75%と報告されています。

このように、家族や近親者の病歴がADHDの発症に影響している可能性が指摘されています。

保護者の方が、過去に自分がADHDと診断された経験があり困っていたりする場合、子供のADHD診断や対処法の手がかりとなることもありますので、まずはかかりつけの小児科医など身近な医師に相談してみましょう。

実際、ADHDの症状を持つ保護者がADHDの子供の様子をみていると「自分の幼少期にそっくりだ」と感じる事も多いようです。

その場合、保護者は「自分が感じてきた生き辛さを子供にもさせたくない」という思いで厳しく育ててしまうこともあります。

一方で、「ADHDの症状をもっている理解者であり、経験者」として子供をサポートできる可能性を持っています。

ADHDは早期に専門的な介入を行い、適切にケアをしていけば、日常生活の困難さを低減することが可能です。

充実した学校生活を送り、社会で自立できるよう、気になることがあれば医療機関の受診や地域の発達障害支援センターなどへ相談する事をおすすめします。

まとめ

私の息子は現在ADHDの二次障害で過剰な不安や緊張、抗うつ気分、社交不安、不登校等で自分と向き合っています。

波はありますが、頑張ってみようと一歩ずつゆっくりとに前へと進んでいます。

大好きな少年野球も頑張って練習しています。

少数派で生きづらい環境の中、本人達は一生懸命頑張って生きています。

親御さんの心が折れないよう完璧を求め過ぎず、その子の個性を受け入れ諦めない事が大切だと思います。

二次障害についてはこちらから読んで頂けます。

https://a.co/0H76Htv

電子書籍を出版しております。興味がある方は是非読んでみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。