一日一善 One good thing a day

こんにちは。saoriです。

最近一日一善を心掛けています。

とても小さな事で良いので、自分に出来る範囲の事をやろうと決めています。

例えば、

  • 1日1つ好きな人の良い所を口で伝える
  • 1日1つ他者に対して自分の出来る範囲の親切を行う(出来る範囲と言うのがとても大事で、出来ない範囲でやってしまえば、いずれやってあげたのにと言う想いが募るかもしれないので…それがのが嫌なので…。)
  • 見返りを求めない奉仕精神で
  • 当たり前にありがとうを伝える
  • 当たり前に自分から挨拶をする

そんな事を意識してやっています。

きっと、それは自分にとっても他者にとっても良い影響があると思います。

最近の出来事ですが、

今日は、駅の改札口に落ちていた保険証を駅員さんに届けました。

昨日は、自転車置き場で、おじいちゃんが困っていたので横に倒れていた何台かの自転車を起こし、手を差し伸べました。

その前の日は、ランチを食べに訪れたカフェの店員さんに、ありがとう!ご馳走さまでした!とても美味しかったです。と素直な気持ちを伝えました。

本当に些細な事なのですが、なんだか自分もhappyな気分になり、嫌な出来事はスッと何処かに飛んでいく感じがしました。

キーポイントは、迷わない事です!

思ったらすぐに行動する事を心掛けています。

そんな事を意識してやっていると、物事の良い面を見る癖みたいなのが、自然と出来るようになってきたかな?と感じています。

と言うより、今まで意識していなかったから気づけていなかったのだと思います。

困っている人が側にいても、見えていなかったのかもしれません。

意識する事で、困っている人に気付く事や、

ありがとうと感謝の気持ちを伝える事で、他者から向けられる笑顔や、自分が笑顔になる回数も増えたな。と気付けるようになったと思います。

単純に、

素敵だと思った人の、素敵な所や、好きな所を伝える

凄いと思った人に、凄いと伝える

嬉しい!ありがたい!と思った人にありがとうを伝える

目の前に困っている人がいたら自然に手を差し伸べる

そういった事は特に躊躇する必要などないと思います。

伝えるのが恥ずかしい、行動する事で目立ってしまわないかな?などと迷ってしまったり、躊躇してしまう事はとても勿体ないです。

そんな事は考えず、素直にポジティブな気持ちを相手に伝え、積極的に自分の出来る範囲の事をやる事で、きっとプラスの効果が現れると思います。

なので、これからも、無理のない範囲で続けていこうと思います。

きっと、相乗効果で、それ以上にハッピーな出来事や、人とのご縁、自分の中の幸せな感情、また別の人から親切を頂く事などに繋がっていくと思います。

今日はそんなお話でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

こんにちは。saoriです。

今日はHSP(繊細さん)について書いていきたいと思います。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び、頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、生まれ持った性質であることがわかっています。

HSPの4つの特徴「DOES」

エレイン・アーロン博士はHSPにはDOES(ダズ)という4つの特徴があると提唱しています。


DOESとは4つの特徴の頭文字を合わせているものです。

  • Depth of processing:物事を深く考える
  • Overstimulated:過剰に刺激を受け取る
  • Emotional reactivity and high Empathy:共感力が高い
  • Sensitivity to Subtleties:鋭い感覚を持つ

HSPの人は幼少時代に「人見知り」と思われていたり、「気が利く子」「言う事をよく聞く子」と褒められることが多かったりしています。

この4つの特徴のうち、1つでも当てはまらない場合はHSPではないと考えられています。

たとえば、3つ当てはまる人というのは、HSPではなく「内向的な性格」である可能性が高くなるでしょう。

HSPチェックリスト

  1. 集団の空気を読んで合わせるような行動をする
  2. 音・匂い・光などの刺激が気になることが多い
  3. 一人になれる空間が落ち着く
  4. 相手のペースに合わせて疲れることが多い
  5. 人ごみにいると心身共に消耗する
  6. 他の人が怒られていても自分が怒られているように感じる
  7. 素直な感情を出すのが苦手
  8. ちょっとしたしぐさや表情から相手のしてほしいことがわかる
  9. 物語に感情移入しやすい(涙もろい)
  10. 小さな変化にもすぐ気が付く

いかがでしたでしょうか?

当てはまる項目の量に、良い悪いはありません。
しかし、自分の事を知ることで苦手な場面を避けることが出来るようになるなど、生きやすさにつながっていくと思います。

HSPとHSCの違い


「HSP」の他に「HSC」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。


HSCとはHighly Sensitive Child(ハイリー・センシティブ・チャイルド)の略語で、「非常に繊細な子ども」という意味になります。HSPとHSCは大人と子どもという他に、明確に区別はありません。

HSCの特徴

HSCの特徴はHSPと違いはなく、生まれつき刺激などに敏感な性質があります。

そのため環境の変化や人が大勢いる場所を苦手とするすることが多く、学校などの集団生活になかなか馴染めないことがあります。

親御さんの中には、お子さんのそういった様子を見て「子育ての仕方が悪かったのかもしれない」と悩む方がいるかもしれませんが、HSCは生まれつきの性質のため、子育ての仕方が原因ではありません。


子どもの性質を認めたうえで、無理をさせないことや良い面を見つけて伸ばしていくなどの接し方をしていくといいでしょう。

HSPの方が日常でよくある困りごと

  • 人と話した後は一人反省会を行う
  • 楽しい会でもすぐ疲れて帰りたくなる
  • 刺激がストレスになる
  • 睡眠不足になりがち

困りごとを減らす工夫

・スマホなど電子機器の電源を切る

・お気に入りの空間を見つける

・イヤホンなどで刺激を減らす

・日記をつける

などがあります。

まとめ

繊細・敏感であること、HSPは、あくまでその人の個性です。


自分自身の強みと弱みをしっかり把握し、上手に付き合っていくことで、自身の魅力を伸ばして楽に生きることができると思います。


そして、自分がどこに分類されるか以上に大切なのは、

自分自身の特性を知ること。

楽しく過ごせる方法を見つけること。

自分に合った疲れを軽減する方法を知ること。

だと思います。

物事を深く考えてしまい、相手が何気なく発した言葉にずっと振り回されてしまう為、サラッと受け流す事が出来ないから辛いのだと思います。

それができていたら悩んでいないですよね。

HSPでない人からすると、小さな小さな出来事であっても、世の中には深く考えて悩んでしまう人もいる。と理解するだけでも、相手への接し方や、話し方、言葉選びもまた変わってくるのではないでしょうか。

ふとそんな事を思ったので、書かせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡


フロー状態(flow)のメリットとデメリット

こんにちは。saoriです。

最近プログラミングの勉強をし始め、没頭している時や、集中して勉強している時など、気がついたらあっという間に時間が経っていたと言う事が多々あります。

先日フォロワーさんから、それらはフロー状態の事だと教えて頂きました。

フロー状態とは一体何なのか?

具体的にどんな状態の事を示すのか?

知りたいと思い、詳しく調べてみました。

今回文章が少し長くなります。

フロー状態とはポジティブ心理学における権威である『ミハイ・チクセントミハイ』によって提唱された理論です。

フロー(英: flow)とは、人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態をいう。ゾーン、ピークエクスペリエンス、無我の境地、忘我状態とも呼ばれる。

Wikipediaより引用

つまりフロー状態とは、活動している人が、楽しむ感覚で心底没頭している精神状態を指します。

例えば、遊び、仕事、勉強に関わらず、1日があっという間に終わってしまった!という体験は誰でもしたことがあるでしょう。このあっという間に終わる、という感覚はフロー状態に入っている証拠です。

子供の頃に何かの遊びに取り組んで時間があっという間に過ぎ去ってしまったあの感覚ですね。

こうしたフロー状態は、程度の差こそあれ、わたしたちも日常的に体験していると言います。

特にスキルがちょうど処理できる程度のチャレンジを克服することに没頭している時に起こる傾向があるそうです。

もしかすると、ADHDの人がもつ「過集中」と似ているのかもしれません。

フロー状態(ゾーン)になる条件は以下の条件が必要とされています。

  • 明確な目標があること
  • 目標が達成できる期待がもてるものであること
  • 進歩が即座に確認できる状態であること
  • 取り組んでいる活動に価値を感じていること
  • 意識が極限に集中していること
  • 時間の感覚の変化や意識が統制できている感覚がもてること

フロー状態(ゾーン)がもたらす効果とは

シリコンバレーを拠点とする教育機関 シンギュラリティ・ユニバーシティのFlow Genome Projectの研究結果によると、フロー状態に入ると次のような効果がもたらされるのだそうです。

  • 創造性や、課題解決能力が4倍になる
  • 新しいスキルを学習するスピードが2倍になる
  • 痛みや疲労を感じなくなる
  • ノルアドレナリン、ドーパミン、エンドルフィン、アナンダミド、オキシトシンといった、やる気や集中力を高めたり、幸せを感じさせたりする脳内物質ホルモンが放出される

そのため、フロー状態に入ると、疲れやストレスを感じることなく、効率的なスキルアップが可能になるのですね。


すぐやる力 やり抜く力―――潜在能力が目覚めすべてが驚異的にうまくいく「フロー体験」を起こす技術

実際、私自身もかなり実感しております。

最近は、お薬を飲まなくても眠れるようになり、不安感やイライラもなくなりました。

HSPで長時間他者と一緒に過ごすと過緊張状態になり偏頭痛が起こってしまうので、頻繁に頭痛薬を飲んでいましたが、その偏頭痛もピタッとなくなりました。

頭痛薬を飲まずに1日集団の中で過ごしたり、お薬の力を借りず、深い眠りに入ったのはとても久しぶりです。私自身、とても良い効果が出ていると実感しております。

今回はあくまで私が体験した話です。効果には必ず個人差があります。現在お薬を飲まれている方は、先生の指示なく、勝手な判断でお薬をやめる事は避けてください。

お薬の判断は、必ずかかりつけのお医者さんとご相談の上決めてくださいね。

フロー状態(ゾーン)のデメリットは…

さて、フロー状態にはさまざまなメリットがあるというのはわかりましたよね。しかし、万能かというとそうではないようです。

フロー状態のメカニズムを活用することには、例えば次のようなデメリットがあります。

  • フロー状態になりやすい特定の作業ばかり気持ちよくなってしまい、他の作業へのモチベーションが下がる
  • フロー状態になりやすい比較的単純な(≒ゴールが明確な)作業ばかりを好み、不確実性のある作業を避けてしまう
  • フロー状態が得やすい行動が、必ずしも個人的生活や社会的意義の面で見たときに望ましい行動とは限らない

フロー状態は確かに喜びに繋がりますが、フローを得られるその行動が望ましいものなのか、そして、適切な量はどれぐらいなのかを見極めましょうと言う事ですね。

大切なのは、方向性を見失わないようにフロー状態になる手前で、自分自身をコントロールできるようになる事です。

日々生活していく上で、目の前の作業に没頭する事と、頭の中を整理する事は区別して考えましょう。

「フローは得られないけど、大事な活動も人生にはたくさんある」ということを理解した上で好きな事に熱中する必要があります。

私は過度に集中して作業に没頭していると、周りの声や音が聞こえなくなってしまい、無視していると思われる事があります。

あと、その間お腹が空かないので、ご飯を食べる事を忘れてしまいます。

ブログを書くのも好きなので、つい没頭してしまいがちです…笑

しかし、家族と幸せな毎日を過ごしていきたいので、何事も没頭のしすぎには注意をして、毎日を過ごしていきたいと思います。笑

今は仕事をしていないので、日々の生活の事を考えていますが、仕事をし出したら頭の中で区別して整理する事が出来なくなってしまうかもしれません。

なので、また仕事を始めても大丈夫なように、その行動が望ましいものなのか、そして、適切な事かのか見極める癖をつけていきたいなと思いました。

happyな毎日を過ごしていく為には、ハマりすぎ注意ですね!笑

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡


なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践

姿勢で印象が変わる?

こんにちは。saoriです。

皆さん、自分の姿勢に自信はありますか?

私は…ないです。笑

メラビアンの法則では、人の第一印象は 3~5 秒で決まるとされています。

姿勢が悪いと印象がかなり悪くなってしまうのですね。

姿勢が悪いせいで、第一印象を悪くしてしまい、数々のチャンスを逃していたらと考えると勿体ないですよね。姿勢は人生に影響すると言っても過言ではないかもしれません。

営業先や取引先で社長があなたに抱く印象、就活で面接官に与える印象、婚活で相手へ与える印象…数々のコミュニティで相手に与える第一印象とはかなり重要です。

たった3〜5秒で決まってしまうとなると、姿勢は非常に大事なポイントになると思います。

もちろん、その他の所作や清潔感等、あらゆる動きから判断されますが、意識次第で今日からでも姿勢を正すことは出来ますし、チャンスを逃さず人生を楽しく豊かなものに出来たら良いですよね。

姿勢が悪くなる原因で、最大の要因は重力ですが、現代社会ではスマホやタブレット、パソコンが必須の世の中なので、必然と姿勢が悪くなっていきます。

なので、自らが意識をして姿勢を正していかなければなりません。

面白い話しをします。

お笑い芸人「アインシュタイン」の稲ちゃんこと稲田直樹さんはその見た目や性格からTV番組でブサイクなどと言われ、イジられていますよね。

吉本ブサイクランキングで1位になった事もあります。

しかし、稲ちゃんの印象は世間からはネガティブな印象とは捉えられていないのです。

若い人達に、可愛い♡等と言われています。

ポジティブなネタを披露していたり言葉のチョイス等、ポジティブなものが多かったりと、見た目とは裏腹にとても良い印象を与えています。

いったい何故なのか?

それはとても姿勢が良いからです!

とても自信があるように見え、印象が良いのですね。

人は自信がある人には好印象を抱きます。

稲ちゃんは自身の見た目を全く気にしていないし、イジられても笑いに変え自然体に振る舞っています。そしてとても自信があるように見えます。

首がまっすぐ伸びていて姿勢が良く、自分の個性をうまく表現できていると思います。

やはり、猫背で首が下を向いている人と、背筋や首がピンと真っすぐ伸びている人ではかなり印象が違います。

研究によると、鬱病の患者さんは前者の方が多かったそうです。

逆に姿勢を正しく治すと、自然と気持ちも上向きになっていき、心も改善していくといった傾向にあったそうです。

それほど姿勢とは重要なのですね。

坂本九さんの楽曲「上を向いて歩こう」は理に適っているのです。

今日からでも姿勢を良くする事は出来ます。

皆さんも正しい姿勢を学び、背筋や首を真っ直ぐ伸ばす習慣を付けてみてはいかがでしょうか。

正しい姿勢を長時間キープするのは筋肉を使いますので、身体に負担がかかります。なので、時折伸びをして関節を伸ばし筋肉を休ませてあげてくださいね。

私も今日から…いや!今から姿勢を正します。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


正しく理想的な姿勢を取り戻す 姿勢の教科書


MTG Style(スタイル) スタイル スマート(Style SMART) ネイビー [メーカー純正品] 骨盤サポートチェア


柔道整復師が考えた 姿勢サポーター 姿勢ベルト 男女兼用 (Mサイズ)

いつも誰かに振り回されている人へ

こんにちは。saoriです。

いつも誰かに流され、振り回されて疲れている人…いますよね。

私がそうです。

自分でもわかっているんです。

わかっていても流されて振り回されてしまう。疲れますよね…でも、そんな人って案外多いのではないでしょうか?

なので、どうやったら振り回されずに済むのかを勉強して、2022年は振り回されない日々を送りましょう!

今日は、いつも誰かに振り回される人への対処法を大嶋信頼さんの著書を参照に書いていきたいと思います。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

  1. 他人優先(他人の思いを気にしすぎて自己嫌悪に陥る)
  2. 一喜一憂(嫌な人に寄っていき、他人の評価を深読みし、劣等感を抱く)
  3. 感情伝染(共感力が高く、イライラや悲しみが入ってくる)

この3つを持ち合わせている人は、いつも誰かに振り回されている可能性が高いです。

自分の性格がそうだから、自分の性格を直さなければいけないと思い、落ち込んでいる方!

それは間違いです!原因は性格ではないので、自分の性格を治そう治そうとすればする程、負の連鎖に陥ってしまいます。

では、原因は何なのか?

答えは、脳のメカニズムにあるそうです。

人間にはミラーニューロンという他者の行動に対して共感することができる神経細胞が兼ね備わっています。

例)映画を観ている時に痛々しいシーンを観て痛そうと感じ思わず目を瞑ってしまう事や、悲しいシーンで自分も感極まって泣いてしまう。と言った事がありますよね。それがミラーニューロンです。

なので、ミラーニューロンとは皆が持っている神経細胞なのです。

しかし、振り回されやすい人と言うのは、そのミラーニューロンが非常に強く、電波の受信機能がかなり優れていて人よりもかなり受信しやすいそうなのです。

それにプラス、過去の辛い経験から緊張スイッチが故障してしまい、いつも緊張サイレンが薄く鳴っている状態で、尚且つ、傷付いた心の傷を治そう治そうと脳内麻薬エンドルフィンをいつも出して傷を緩和させているそうなのです。

そして繰り返し脳内エンドルフィンが分泌されてしまう事で脳が麻痺してしまい、中毒症状になり、今度は自らがそれを求めに行ってしまうと言う状態に陥ってしまうそうなのです。

怖いですよね…

でもわかってもらいたいのが、

これは脳の問題と言う事です!

自分の性格のせいで、自分が悪いからいつも他人に振り回されるのだと思い込み、自分の性格を直そうと直そうと努力している事がそもそも間違いだと言うのです。それは自己否定しているのと同じことなのです。

対処法(自分のケア)

脳の中でガチガチに固められた構造を解いていく必要があります。

ではどうすれば良いのか?

1.感情を分別する

色んな感情が自分の中に流れ込んできて、自分の感情と相手の感情がごちゃごちゃになっていると思います。

なので、これは自分の感情か?相手の感情か?を分別します。

パニックになりやすいので、心がドキドキしてきたら、必ず自分に聞いてみて下さい。

“私の心よ!これは私の感情ですか?”

“My heart! Is this my emotion?”

そしたらあなたの心は答えてくれます。

「No.」と。

心の中で自分に問いただす習慣をつけてください。

そうすると自然と心が落ち着いてきます。このルーティーンが凄いパワーを運んでくれます。

実は、この自問自答の習慣が身に付けば殆どが解消されるそうです。

2.ブロックする

特に、比較や評価に対しては壁を作って下さい。

振り回されやすい人は、比較や評価にすごく敏感な為、自分に対しての悪い言葉や評価には近づかない!

そして、「ブロック!」と言って下さい。

言葉の力は絶大です!言って良いそうです!

「ブロック!」と。自己暗示ですね!

「いやいや、わかっているんだけど、それができないんです。」って今思いましたか?

実はそれも自己暗示なんです。「できない」と言う言葉も暗示なんです。面白いですよね。

言葉に出して言う事って、絶大な力になるそうです。

例えば…

「夜中にラーメン食べたら太るってわかってるけどねー、ついつい食べちゃうんだよねー。」って言ってませんか?

言ってませんか??笑

言葉っていうのは本当にそうなってしまうのですね。言葉の力を侮ってはいけません。

自分から出た言葉で自分の行動を作るのです。

だから言うのです!

「ブロック!」と言葉にしましょう。

3.憧れの人の真似をする

あの人ならどうするか?

憧れの人の真似をする。憧れの人になりきる。

まず憧れの人を自分にインストールします。

そして、自問自答、分別が習慣化できるように日々ルーティーンします。

だいぶ、感情を分別できるようになったし、比較や評価もブロックできるようになったし、言葉に出して言えるようになった!もう大丈夫!と思えるようになったら、憧れの人をアンインストールするそうです。

そしてここでも、「もう大丈夫!」と言葉に出して言って下さい。

いかがでしたか?

色んな感情を受信しやすいミラーニューロンはHSP(繊細さん)傾向の人に多いと思います。

自問自答、言葉に出して言う習慣を是非実践してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法


「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

ずるい言葉 Sly words

こんにちは。saoriです。

突然ですが…

我々人間は言葉を話せます。そして色んな方々と会話をしますよね。

しかし、言葉の使い方を間違えてしまうと、たちまち人を傷付けてしまいます。

人間関係を構築していく上で、話し方や言い方、伝え方は非常に重要です。相手から誤解をされないように言葉を上手に選んで会話をしていきたいと思いますよね。

今日はその中でも、会話をしていて、ん?何か引っかかるなぁ…言われてモヤモヤするなぁ…と言う言葉をピックアップさせて頂きました。

そんな微妙な言葉が世の中には溢れているそうなんです。

わかりやすく分析してくれている、著者 森山 至貴さんの書籍で

10代から知っておきたい あなたを閉じ込める「ずるい言葉」 

今回はこの書籍に書かれてある文章を参考にまとめてさせて頂きました。

モヤモヤした言葉は、言われる側の時と、言う側に立つ時、どちらの場合もあると思います。

言った後に、あっ、まずかったかなぁ…と思う時もありますよね。なので、両方の側面から見て頂ければ良いなと思います。

ずるい言葉10選

  1. あなたの為を思って言っているの
  2. どちらの側にも原因がある
  3. 言われた本人が気にしていないから良いんじゃない?
  4. もっと早く言ってくれればよかったのに
  5. 傷付いたのも良い経験だったんじゃない?
  6. いちいち取り合っていたら、そいつと同じレベルになっちゃうよ
  7. ひどいとは思うけど、そこまで傷付く事かな?
  8. 昔はそれが普通だった
  9. これも言えないなら、もう何も言えない
  10. その内、気が変わるんじゃない?

など、沢山の具体例が書かれてありました。

今回は、私がよく心に引っ掛かる言葉、

1〜3の項目について説明させて頂きます。

1.あなたの為を思って言っているの

これは、言われてモヤモヤした経験があるという方が多いのではないでしょうか。

親御さん、上司、先生、先輩、友達などから

あなたの為を想って言ってるんだよと言われ、

私の為を想って言ってくれたはずなのに、何かモヤモヤするし傷付いたなぁ…といった経験はありませんか?

なぜモヤモヤするのかと言うと、そこには、「いいから私の言う事に従いなさい!」と言う意味合いが含まれているからなんですね。

〈母娘の例〉

娘:お母さん、私高校生になったらダンス部に入りたいの。

母:え?ダンス部?そんなのダメダメ!部活はやめておきなさい!

娘:え、何で!?前は良いって言ってくれてたじゃん!

母:前は言っていたかもしれないけど、ダンスをして食べていける人なんて一握りしかいないんでしょ?

母:それだったら普通に大学に行って、普通に就職した方があなたのためには絶対良いと思うの。だから部活なんてせずに、塾に行って大学受験の為に勉強した方が良いのよ。お母さんは、あなたのためを想って言っているのよ!!

娘:………。

上記の例の場合、「あなたのためを想って」と言う言葉を使用していますが、

本当は、「私のため」が正解ですよね。

「私を安心させてほしいから、あなたは大学に行って普通に就職してちょうだい。」

「いいから、言う事を聞きなさい。」

と言う高圧的な言葉が含まれているんですね。

だからモヤモヤするんだと思います。

主に立場が上の人から下の人へ使われる事が多いですよね。

たまに友達から言われる事もありますが、余計なお世話だと感じる時もあります。

もちろん、本当に私のためを想って言ってくれている場合もあると思いますが、モヤモヤ感が残りますし、傷付く事もあります。そして友達なのに何だか縛られている感じがします。

こう言った言葉を言われた時には、

「わかりました。では、どうして私のためになるのかを説明して下さい。」と問いただす事が正解だそうです。

そうする事で、縛ってくる相手を少し後退させる事ができるんですね。面白いですよね。

2.どちらの側にも問題がある

なんか嫌な言葉ですよね。

例えば、いじめの現場とかで使われたりしませんか。他には、セクハラや痴漢でも使われたりしますよね。

これは、一番良くある、「え!?ちょっと待ってよ、私にも問題があるの!?」ですよね…。

弱い立場の人がSOSを出して駆け込んだ先で第三者に言われて傷付くケースですよね。

その相談された人の心理とは

「どちらか正しいか断定したくない」そうなんですね。その理由は断定をしてしまったら、正しいと言った側に寄り添わなければならないから。だそうです。

そいいった事を社会学や心理学的に、コミットメントすると言うそうなのですが、

その、第三者はどちらの側にもコミットメントしたくないんですね。

にも関わらず!!

正しい人になりたいから、何かしらリアクションをする。というずるい選択をし、こう言った言葉を言うらしいです。

なので、言われた側は、

あぁ、この人はコミットメントしたくない人なんだなと理解し、離れましょう。

傷付く必要はありません。どちらの側にも、問題があるのかな?と考える必要は無いと言う事なんですね。

もう、一度傷付ついているので、更に傷付く必要は無いですよ。と言ってくれています。

3.言われた本人が気にしていないから良いんじゃない?

これも良く聞きますよね。

あだ名やいじり、それは言ったらダメだと思う事に対し、声を発して言った相手に伝えるが、上記の言葉を言われてモヤモヤした経験はないでしょうか。

これは、誰かが傷付いている事に気付くチャンスを無視している。ことだそうです。

つまり、問題を無かった事にしようとしているんですね。

そもそも、傷付いていないと、何故貴方にわかるのですか?と言う事で、

傷付いている人が、「僕は傷付いています!」「今、私は傷付きました!」と表明できますかね?

表明できないパターンが非常に多いと思います。

しかし、周りはその言葉に対して、気付く事ができているんですね。

なぜなら、言われた人が傷付いているか、いないかは、客観的な視点で見ることができるからです。

この言葉はポジティブな言葉だから誇らしい意味だな。又は良いあだ名だ。

しかし、この言葉にはネガティブな要素が含まれているからもしかしたらあの人は傷付いているかもしれない。

と判断できるからです。

例えば、

野球部のエース→ポジティブ

野球部の守護神→ポジティブ

我が校のマドンナ→ポジティブ

ブタゴリラ→ネガティブ

出っ歯→ネガティブ

3日寝てない小栗旬→ネガティブ?ポジティブ?

→これは、実はネガティブです。

→小栗旬を言いたい訳ではなく、「3日寝ていない」を言いたいのですね。なので、疲れた顔をしていている。といった感じでネガティブな要素をポジティブな言葉で誤魔化しているのです。

など客観的には何となくわかりますよね。

しかし、これを本人が傷付いてないんだからいいんじゃない?と言ってくる人は

言ってしまった後ろめたさから逃れる為の自己防衛をしているそうです。

追加責めをしているんですね。

では、どうしたら良いのかと言うと、

表現は修正し続けよう。と書かれてあります。

つまり、言われた本人はもしかしたら嫌かもしれない。と受け止め、この表現の仕方はやめようと声をあげ、修正し続けましょうと言う事です。

今回は1〜3の項目をまとめましたが、参考にさせて頂いた書籍「ずるい言葉」には他にも沢山の具体例が書かれています。

こう言った言葉は、自らが考え修正していくことで、人間関係をより豊かに構築していく事が可能です。言われた側もなぜこんな事を言ってくるのか理解することで、モヤモヤせずに過ごす事ができます。

私も、こういったずるい言葉を我が子に対し言ってしまった事があり、ドキッとしました。この書籍を読んで気付く事ができたので良かったと思いました。

我々人間は言葉を与えてもらい、会話をすることでコミュニケーションをとることができます。

ネガティブな言葉で他者を傷付けてしまうのではなく、素敵な言葉を伝えていく事ができたらいいなと思いました。

もし、他にももっと知りたい、本を手に取って見てみたいという方は是非ご覧になってみて下さい。

10代から使えると書かれてあるように、10代から大人まで幅広い世代に知ってもらえる画期的な書籍だと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


10代から知っておきたい あなたを閉じ込める「ずるい言葉」

哲学って面白い Philosophy

こんにちは。saoriです。

先日、「嫌われる勇気」という書籍を紹介させて頂きました。

こちらは、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を「青年と哲人の対話篇」という物語形式を用いてまとめられている一冊です。

欧米で絶大な支持を誇るアドラー心理学は、「どうすれば人は幸せに生きることができるのか」という哲学的な問いに、シンプルかつ具体的な答えが提示されています。

そこで、哲学(Philosophy)について学んでみようと思ったのですが、色々調べてみると実に面白いと言う事がわかりました。

哲学とは世界、社会、幸福、死など、答えのない学問なんですね。それに科学や数学も掛け合わさっているんです。

そして、時代によって変化しているのです。

そもそも、哲学とは何?と思われる方も多いと思います。

そんな方は是非哲学について学んでみてほしいと思います。

難しそうに感じるかもしれませんが、そんな事ないんです。

古代から現代までの歴史を通して、哲学の全貌を学ぶと、「えー!?そうなの!?」と驚く事が多いと思います。そして、とても奥が深いです。

哲学は明治時代にようやく日本にやってきたようです。そして、下記のようなさまざまな疑問について、解いています。

  • 善とは?悪とは?
  • 大切なのは神なのか?人なのか?
  • そもそも人とは何なのか?
  • 個人とは?
  • 勇気とは?
  • 強さとは?弱さとは?
  • 幸福とは?
  • 理性とは?
  • 絶望とは?

本当にそれが正解ですか?それは違いますよ。と、その時代その時代で正解とされていた事が違うのだと知れる学問で、追求していくと実に面白いです。

こちらの書籍は、初めはマンガで書かれていて読みやすいのでオススメです。

もし興味がある方は是非読んでみて下さい。

哲学に興味が出てきた方は、きっともっと知りたいと思うはずです。

私たちってなんなんだろう…と言う問いや、なぜこの世には、残虐な殺人や拷問があるのか。などが知れると思います。

そして、キリスト教や、ナチスドイツはなぜ生まれたのか?などについても学べます。

私もこれを読んで面白くて、もっと知りたいなと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


マンガで実用 使える哲学 (マンガで実用シリーズ)