HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

こんにちは。saoriです。

今日はHSP(繊細さん)について書いていきたいと思います。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び、頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、生まれ持った性質であることがわかっています。

HSPの4つの特徴「DOES」

エレイン・アーロン博士はHSPにはDOES(ダズ)という4つの特徴があると提唱しています。


DOESとは4つの特徴の頭文字を合わせているものです。

  • Depth of processing:物事を深く考える
  • Overstimulated:過剰に刺激を受け取る
  • Emotional reactivity and high Empathy:共感力が高い
  • Sensitivity to Subtleties:鋭い感覚を持つ

HSPの人は幼少時代に「人見知り」と思われていたり、「気が利く子」「言う事をよく聞く子」と褒められることが多かったりしています。

この4つの特徴のうち、1つでも当てはまらない場合はHSPではないと考えられています。

たとえば、3つ当てはまる人というのは、HSPではなく「内向的な性格」である可能性が高くなるでしょう。

HSPチェックリスト

  1. 集団の空気を読んで合わせるような行動をする
  2. 音・匂い・光などの刺激が気になることが多い
  3. 一人になれる空間が落ち着く
  4. 相手のペースに合わせて疲れることが多い
  5. 人ごみにいると心身共に消耗する
  6. 他の人が怒られていても自分が怒られているように感じる
  7. 素直な感情を出すのが苦手
  8. ちょっとしたしぐさや表情から相手のしてほしいことがわかる
  9. 物語に感情移入しやすい(涙もろい)
  10. 小さな変化にもすぐ気が付く

いかがでしたでしょうか?

当てはまる項目の量に、良い悪いはありません。
しかし、自分の事を知ることで苦手な場面を避けることが出来るようになるなど、生きやすさにつながっていくと思います。

HSPとHSCの違い


「HSP」の他に「HSC」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。


HSCとはHighly Sensitive Child(ハイリー・センシティブ・チャイルド)の略語で、「非常に繊細な子ども」という意味になります。HSPとHSCは大人と子どもという他に、明確に区別はありません。

HSCの特徴

HSCの特徴はHSPと違いはなく、生まれつき刺激などに敏感な性質があります。

そのため環境の変化や人が大勢いる場所を苦手とするすることが多く、学校などの集団生活になかなか馴染めないことがあります。

親御さんの中には、お子さんのそういった様子を見て「子育ての仕方が悪かったのかもしれない」と悩む方がいるかもしれませんが、HSCは生まれつきの性質のため、子育ての仕方が原因ではありません。


子どもの性質を認めたうえで、無理をさせないことや良い面を見つけて伸ばしていくなどの接し方をしていくといいでしょう。

HSPの方が日常でよくある困りごと

  • 人と話した後は一人反省会を行う
  • 楽しい会でもすぐ疲れて帰りたくなる
  • 刺激がストレスになる
  • 睡眠不足になりがち

困りごとを減らす工夫

・スマホなど電子機器の電源を切る

・お気に入りの空間を見つける

・イヤホンなどで刺激を減らす

・日記をつける

などがあります。

まとめ

繊細・敏感であること、HSPは、あくまでその人の個性です。


自分自身の強みと弱みをしっかり把握し、上手に付き合っていくことで、自身の魅力を伸ばして楽に生きることができると思います。


そして、自分がどこに分類されるか以上に大切なのは、

自分自身の特性を知ること。

楽しく過ごせる方法を見つけること。

自分に合った疲れを軽減する方法を知ること。

だと思います。

物事を深く考えてしまい、相手が何気なく発した言葉にずっと振り回されてしまう為、サラッと受け流す事が出来ないから辛いのだと思います。

それができていたら悩んでいないですよね。

HSPでない人からすると、小さな小さな出来事であっても、世の中には深く考えて悩んでしまう人もいる。と理解するだけでも、相手への接し方や、話し方、言葉選びもまた変わってくるのではないでしょうか。

ふとそんな事を思ったので、書かせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡


いつも誰かに振り回されている人へ

こんにちは。saoriです。

いつも誰かに流され、振り回されて疲れている人…いますよね。

私がそうです。

自分でもわかっているんです。

わかっていても流されて振り回されてしまう。疲れますよね…でも、そんな人って案外多いのではないでしょうか?

なので、どうやったら振り回されずに済むのかを勉強して、2022年は振り回されない日々を送りましょう!

今日は、いつも誰かに振り回される人への対処法を大嶋信頼さんの著書を参照に書いていきたいと思います。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

  1. 他人優先(他人の思いを気にしすぎて自己嫌悪に陥る)
  2. 一喜一憂(嫌な人に寄っていき、他人の評価を深読みし、劣等感を抱く)
  3. 感情伝染(共感力が高く、イライラや悲しみが入ってくる)

この3つを持ち合わせている人は、いつも誰かに振り回されている可能性が高いです。

自分の性格がそうだから、自分の性格を直さなければいけないと思い、落ち込んでいる方!

それは間違いです!原因は性格ではないので、自分の性格を治そう治そうとすればする程、負の連鎖に陥ってしまいます。

では、原因は何なのか?

答えは、脳のメカニズムにあるそうです。

人間にはミラーニューロンという他者の行動に対して共感することができる神経細胞が兼ね備わっています。

例)映画を観ている時に痛々しいシーンを観て痛そうと感じ思わず目を瞑ってしまう事や、悲しいシーンで自分も感極まって泣いてしまう。と言った事がありますよね。それがミラーニューロンです。

なので、ミラーニューロンとは皆が持っている神経細胞なのです。

しかし、振り回されやすい人と言うのは、そのミラーニューロンが非常に強く、電波の受信機能がかなり優れていて人よりもかなり受信しやすいそうなのです。

それにプラス、過去の辛い経験から緊張スイッチが故障してしまい、いつも緊張サイレンが薄く鳴っている状態で、尚且つ、傷付いた心の傷を治そう治そうと脳内麻薬エンドルフィンをいつも出して傷を緩和させているそうなのです。

そして繰り返し脳内エンドルフィンが分泌されてしまう事で脳が麻痺してしまい、中毒症状になり、今度は自らがそれを求めに行ってしまうと言う状態に陥ってしまうそうなのです。

怖いですよね…

でもわかってもらいたいのが、

これは脳の問題と言う事です!

自分の性格のせいで、自分が悪いからいつも他人に振り回されるのだと思い込み、自分の性格を直そうと直そうと努力している事がそもそも間違いだと言うのです。それは自己否定しているのと同じことなのです。

対処法(自分のケア)

脳の中でガチガチに固められた構造を解いていく必要があります。

ではどうすれば良いのか?

1.感情を分別する

色んな感情が自分の中に流れ込んできて、自分の感情と相手の感情がごちゃごちゃになっていると思います。

なので、これは自分の感情か?相手の感情か?を分別します。

パニックになりやすいので、心がドキドキしてきたら、必ず自分に聞いてみて下さい。

“私の心よ!これは私の感情ですか?”

“My heart! Is this my emotion?”

そしたらあなたの心は答えてくれます。

「No.」と。

心の中で自分に問いただす習慣をつけてください。

そうすると自然と心が落ち着いてきます。このルーティーンが凄いパワーを運んでくれます。

実は、この自問自答の習慣が身に付けば殆どが解消されるそうです。

2.ブロックする

特に、比較や評価に対しては壁を作って下さい。

振り回されやすい人は、比較や評価にすごく敏感な為、自分に対しての悪い言葉や評価には近づかない!

そして、「ブロック!」と言って下さい。

言葉の力は絶大です!言って良いそうです!

「ブロック!」と。自己暗示ですね!

「いやいや、わかっているんだけど、それができないんです。」って今思いましたか?

実はそれも自己暗示なんです。「できない」と言う言葉も暗示なんです。面白いですよね。

言葉に出して言う事って、絶大な力になるそうです。

例えば…

「夜中にラーメン食べたら太るってわかってるけどねー、ついつい食べちゃうんだよねー。」って言ってませんか?

言ってませんか??笑

言葉っていうのは本当にそうなってしまうのですね。言葉の力を侮ってはいけません。

自分から出た言葉で自分の行動を作るのです。

だから言うのです!

「ブロック!」と言葉にしましょう。

3.憧れの人の真似をする

あの人ならどうするか?

憧れの人の真似をする。憧れの人になりきる。

まず憧れの人を自分にインストールします。

そして、自問自答、分別が習慣化できるように日々ルーティーンします。

だいぶ、感情を分別できるようになったし、比較や評価もブロックできるようになったし、言葉に出して言えるようになった!もう大丈夫!と思えるようになったら、憧れの人をアンインストールするそうです。

そしてここでも、「もう大丈夫!」と言葉に出して言って下さい。

いかがでしたか?

色んな感情を受信しやすいミラーニューロンはHSP(繊細さん)傾向の人に多いと思います。

自問自答、言葉に出して言う習慣を是非実践してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法


「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本