一日一善 One good thing a day

こんにちは。saoriです。

最近一日一善を心掛けています。

とても小さな事で良いので、自分に出来る範囲の事をやろうと決めています。

例えば、

  • 1日1つ好きな人の良い所を口で伝える
  • 1日1つ他者に対して自分の出来る範囲の親切を行う(出来る範囲と言うのがとても大事で、出来ない範囲でやってしまえば、いずれやってあげたのにと言う想いが募るかもしれないので…それがのが嫌なので…。)
  • 見返りを求めない奉仕精神で
  • 当たり前にありがとうを伝える
  • 当たり前に自分から挨拶をする

そんな事を意識してやっています。

きっと、それは自分にとっても他者にとっても良い影響があると思います。

最近の出来事ですが、

今日は、駅の改札口に落ちていた保険証を駅員さんに届けました。

昨日は、自転車置き場で、おじいちゃんが困っていたので横に倒れていた何台かの自転車を起こし、手を差し伸べました。

その前の日は、ランチを食べに訪れたカフェの店員さんに、ありがとう!ご馳走さまでした!とても美味しかったです。と素直な気持ちを伝えました。

本当に些細な事なのですが、なんだか自分もhappyな気分になり、嫌な出来事はスッと何処かに飛んでいく感じがしました。

キーポイントは、迷わない事です!

思ったらすぐに行動する事を心掛けています。

そんな事を意識してやっていると、物事の良い面を見る癖みたいなのが、自然と出来るようになってきたかな?と感じています。

と言うより、今まで意識していなかったから気づけていなかったのだと思います。

困っている人が側にいても、見えていなかったのかもしれません。

意識する事で、困っている人に気付く事や、

ありがとうと感謝の気持ちを伝える事で、他者から向けられる笑顔や、自分が笑顔になる回数も増えたな。と気付けるようになったと思います。

単純に、

素敵だと思った人の、素敵な所や、好きな所を伝える

凄いと思った人に、凄いと伝える

嬉しい!ありがたい!と思った人にありがとうを伝える

目の前に困っている人がいたら自然に手を差し伸べる

そういった事は特に躊躇する必要などないと思います。

伝えるのが恥ずかしい、行動する事で目立ってしまわないかな?などと迷ってしまったり、躊躇してしまう事はとても勿体ないです。

そんな事は考えず、素直にポジティブな気持ちを相手に伝え、積極的に自分の出来る範囲の事をやる事で、きっとプラスの効果が現れると思います。

なので、これからも、無理のない範囲で続けていこうと思います。

きっと、相乗効果で、それ以上にハッピーな出来事や、人とのご縁、自分の中の幸せな感情、また別の人から親切を頂く事などに繋がっていくと思います。

今日はそんなお話でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

こんにちは。saoriです。

今日はHSP(繊細さん)について書いていきたいと思います。

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び、頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれています。

HSPは環境や性格などの後天的なものではなく、先天的な気質、生まれ持った性質であることがわかっています。

HSPの4つの特徴「DOES」

エレイン・アーロン博士はHSPにはDOES(ダズ)という4つの特徴があると提唱しています。


DOESとは4つの特徴の頭文字を合わせているものです。

  • Depth of processing:物事を深く考える
  • Overstimulated:過剰に刺激を受け取る
  • Emotional reactivity and high Empathy:共感力が高い
  • Sensitivity to Subtleties:鋭い感覚を持つ

HSPの人は幼少時代に「人見知り」と思われていたり、「気が利く子」「言う事をよく聞く子」と褒められることが多かったりしています。

この4つの特徴のうち、1つでも当てはまらない場合はHSPではないと考えられています。

たとえば、3つ当てはまる人というのは、HSPではなく「内向的な性格」である可能性が高くなるでしょう。

HSPチェックリスト

  1. 集団の空気を読んで合わせるような行動をする
  2. 音・匂い・光などの刺激が気になることが多い
  3. 一人になれる空間が落ち着く
  4. 相手のペースに合わせて疲れることが多い
  5. 人ごみにいると心身共に消耗する
  6. 他の人が怒られていても自分が怒られているように感じる
  7. 素直な感情を出すのが苦手
  8. ちょっとしたしぐさや表情から相手のしてほしいことがわかる
  9. 物語に感情移入しやすい(涙もろい)
  10. 小さな変化にもすぐ気が付く

いかがでしたでしょうか?

当てはまる項目の量に、良い悪いはありません。
しかし、自分の事を知ることで苦手な場面を避けることが出来るようになるなど、生きやすさにつながっていくと思います。

HSPとHSCの違い


「HSP」の他に「HSC」という言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。


HSCとはHighly Sensitive Child(ハイリー・センシティブ・チャイルド)の略語で、「非常に繊細な子ども」という意味になります。HSPとHSCは大人と子どもという他に、明確に区別はありません。

HSCの特徴

HSCの特徴はHSPと違いはなく、生まれつき刺激などに敏感な性質があります。

そのため環境の変化や人が大勢いる場所を苦手とするすることが多く、学校などの集団生活になかなか馴染めないことがあります。

親御さんの中には、お子さんのそういった様子を見て「子育ての仕方が悪かったのかもしれない」と悩む方がいるかもしれませんが、HSCは生まれつきの性質のため、子育ての仕方が原因ではありません。


子どもの性質を認めたうえで、無理をさせないことや良い面を見つけて伸ばしていくなどの接し方をしていくといいでしょう。

HSPの方が日常でよくある困りごと

  • 人と話した後は一人反省会を行う
  • 楽しい会でもすぐ疲れて帰りたくなる
  • 刺激がストレスになる
  • 睡眠不足になりがち

困りごとを減らす工夫

・スマホなど電子機器の電源を切る

・お気に入りの空間を見つける

・イヤホンなどで刺激を減らす

・日記をつける

などがあります。

まとめ

繊細・敏感であること、HSPは、あくまでその人の個性です。


自分自身の強みと弱みをしっかり把握し、上手に付き合っていくことで、自身の魅力を伸ばして楽に生きることができると思います。


そして、自分がどこに分類されるか以上に大切なのは、

自分自身の特性を知ること。

楽しく過ごせる方法を見つけること。

自分に合った疲れを軽減する方法を知ること。

だと思います。

物事を深く考えてしまい、相手が何気なく発した言葉にずっと振り回されてしまう為、サラッと受け流す事が出来ないから辛いのだと思います。

それができていたら悩んでいないですよね。

HSPでない人からすると、小さな小さな出来事であっても、世の中には深く考えて悩んでしまう人もいる。と理解するだけでも、相手への接し方や、話し方、言葉選びもまた変わってくるのではないでしょうか。

ふとそんな事を思ったので、書かせて頂きました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

saori♡


ADHD 集中して話を聞いている時の仕草

こんにちは。saoriです。

今日はADHDの人が集中して話しを聞いている時の仕草を書いていきたいと思います。

私は、ADHD注意欠如多動性障害という発達障害ですが、人の話しを集中して聞きたい時ほど、手が動いたり身体が動いたりしてしまいます。頭を下にして目を瞑ったり、上を向いて髪の毛を触ったり、ペンを触ったりしてしまいます。

その方が落ち着くからです。

その方が話しに集中できるからです。

しかし、社会的には、きちんと相手の目を見て、うん、うんと頷く事までが話しを聞いているとされる為、よく他者から話しを聞いていないと勘違いされてしまいます。

逆に相手の目を見て、うん、うん、と頷く事を意識しなければならない時ほど話しが入ってきません。

なので、聞いているようで、聞いていないとなってしまい、ちょっと!それさっきも言ったよね?だから、その話しをさっきからしているんだよ!と怒られる事もしばしばです。

その結果、話しのすれ違いや、噛み合わないといった事が起こってきます。

発達障害と知っていて、受け入れてくれてる人には、笑って許してもらえますが、

知らない人にとっては、おかしな人だな?変な人だな?と勘違いされてしまったりもします。ちゃんと話しを聞いていた?と困らせてしまったり、怒らせてしまう事もあります。

仕事関係、友達、ママ友、配偶者、義理の両親などといったコミュニティの中でそういった事が頻繁に起こってしまい、相手を困らせてしまったり、又自分も困ってしまいます。

なので、こういう人もいるのだと知ってもらえるだけでも、ありがたいです。

真剣に話しをしている時、目が合わせられなくて、つい動いてしまうなどといった人もいるのだと理解するだけで、関係性が築きやすくなると思います。

子供の頃から、相手の目を合わせてうん、うん、と頷く事が話しを聞いていると大人から教わり、潜在的にそうしなければならないと意識してしまい、結果話しが全然入ってこないのです。

それが、発達障害の生き辛さの一つだったりもします。

しかし、一般的には、

暇だなぁ…とか、つまらないなぁ…といった感情を抱いている時に身体が動いてしまう人も多いと思います。

なので、ADHDで多動性障害だと分かっている人に対しては、真剣に話しをしている時に身体が動いていても、あ、今は聞いているのだな。と理解を深めるだけでも不快な思いにならないと思います。

私自身も子供が発達障害だとわかるまでは、話しをしている時はちゃんと相手の目を見て返事をするのだよと教えていました。

しかし、子供はなぜか目を見るのをすごく嫌がっていました。

その時は、目を見て話しを聞く事をなぜ嫌がるのか、理由がわからなかったのです。

私自身も発達障害だとわかり、自分を見つめ直していくうちに、そうか!だからか…とわかりました。

自分でも、真剣に話しを聞きたい時に身体が動いてしまったり、目が合わせられない事に全く気がついていなかったのです。

親子関係や対人関係は、少しずつ、ゆっくりでも良いので、お互いが歩み寄りわかり合う事で、心に余裕が出来、溝や傷も修復していけると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


漫画家ママの うちの子はADHD (こころライブラリー)

余計な一言

こんにちは。saoriです。

人間関係において、余計な一言は付きものですよね。それ、わざわざ言わなくても良くない?と言う言葉…ありますよね。

2020年6月よりパワハラ防止法が企業に義務付けされました。今まで以上に使う言葉には気をつけなければなりません。そういう時代なんですね…。

言われたらモヤモヤする事もありますし、

逆に良かれと思って言ってしまう事もあります。

なので、言葉は言い換えて伝えましょう。

余計な一言5選

1.疲れてる?

これは言ってしまう事も多いのではないでしょうか。

私は言われる事が多いです。笑

→久しぶり!元気だった?

こう言えば差し支えないです。

2.私の事覚えていますか?

これも、あるあるですよね。

言われると、もし覚えていなかった時相手に罪悪感を抱かせてしまいます。多忙な人で覚えていない可能性もあります。

圧をかけないようにしましょう。

→あのときの、○○です。

と名前を言いましょう。

3.私も同じだからわかる〜

???ほんとに???

ほんとに、同じでしょうか?

考えてみましょう。

相手に対し、どこにでもある、あるあるみたいな軽い出来事にして伝えてしまいます。

→同じじゃないけど、わかる気がする

と伝えましょう。

4.言ってくれれば良かったのに…

言えないの。。。

それなのに、なんで言わなかったのよ!と言わなかった事を責めているように感じてしまいます。

言ってる人は、言ってくれれば助けたかったという思いで伝えているかもしれません。

なので、

→力になりたかった。今度もしそう言う事があったら連絡してね。

と素直に伝えましょう。

5.自慢じゃないけど

絶対自慢ですよね?笑

→自慢しても良いですか?

と先に言ってから伝えると、なぜか、凄い!と言いたくなります!

いかがでしたか?

言ってしまう事もありますよね。

言い方を少し変えるだけでも感じ方が違ってきます。

私も同じだからわかる!は、つい言ってしまっていました。自分では共感しているつもりで言っていましたが、相手の重い出来事をあるあるにしてしまっていたかもしれません。

気をつけようと思います。

言い換え図鑑には他にも沢山掲載されています。↓↓

是非手に取って読んでみて下さい!


よけいなひと言を好かれるセリフに変える働く人のための言いかえ図鑑


よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑

最後まで読んで頂きありがとうございました。