ADHDは生きにくい

近年ADHDや発達障害と言った言葉を耳にする事が多くなってきたように思います。しかし、日本ではまだまだ個性や特性が受け入れられにくいといった実状があると思います。

ADHDを例に挙げると、

怠けているだけだと思われがちで、協調性がないなどの理由で、はぶられたりいじめの対象になってしまいます。

所属している集団で、少数派になってしまえばたちまちいじめの対象になってしまいます。それは社会に出ても同じです。

何で何回言ってもできないの?

何でそんなにうるさいの?

何でちゃんと整列できないの?

何であの子だけ学校来ないの?

何であの子だけ宿題しないの?

あの子だけずるい!できないんじゃなくて、やっていないだけじゃないの?発達障害なんて、ただの言い訳じゃない?

そんな風に思われる方もいるかもしれません。


発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書)

しかし、発達障害の人は脳への伝達がスムーズに働かない為、周囲の情報を正確に処理できず、感情や行動をコントロールする事が難しいのです。

本人もわかっているのに上手く出来ず、とても困っていると思います。

はたして、こんな風に誰かが発言する事で何かが変わるのでしょうか?

悲しいかな、周りはそんなに簡単には変わらないと思います。

それだったら、自分が変わろう。

自分にあった環境を自分で選んで住む場所を変えた方が良い気がする。

もっと個性が受け入れられやすい国に行きたい。

そんな風に思った事がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう簡単にはできないが、絶対にできない訳でもない…

でも何故か出来ない理由を探してしまう。

全く英語が喋れないしなぁ…資金は?家族の生活は?そもそも、ビザってどうやって取るの?日本に慣れすぎているけど、他の国は治安って大丈夫なの?

など漠然とわからない事を一生懸命考えて無駄に心配している毎日です。

ひとだび行動しようとスイッチが入れば行けるものなのだろうか?

個性が受け入れられやすい国での生活を実現できるように一歩でも動いてみよう。まずは簡単な英語が話せるようになるまで頑張ろう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


仕事&生活の「困った!」がなくなる マンガでわかる 私って、ADHD脳!? (大和出版)