ADHDの種類と症状について

こんにちは。saoriです。

今日はADHD(発達障害)の種類と症状について書いていきたいと思います。

発達障害の種類と症状

発達障害はその特性や表れる困りごとによっておおきく3つのに分けられています。

注意欠陥・多動症(ADHD)とは、不注意(集中できない)、多動性(じっとできない)、衝動性(思いつくとすぐに行動してしまう)といった症状が見られる発達障害です。

症状の現れ方によって、

「不注意」「多動・衝動性」「混合型」と分類されます。

ADHDのある子供は、その特性により授業中集中することが難しく、忘れ物が多いなどがあり、叱られる事が多くなりがちです。

叱られる事が増えると自信を失い、追い詰められてしまう事があります。

1.不注意

「不注意」の特性が強く現れるタイプです。

授業中に集中し続けることが難しい、忘れ物が多い、外からの刺激などですぐに気がそれてしまうなどの特性があります。

一方で、自分の興味がある事について考えていたり取り組んだりしていると、話しかけられている事に気が付かない事があります。

2.多動・衝動性

「多動性及び衝動性」の特性が強く現れるタイプです。

動いていないと気分的に落ち着かず無意識に身体が動いてしまう、感情のコントロールが苦手などの特性があります。

授業中でも立ち歩いたり、他の子が答えているのに割り込んで答えてしまうなどの特性から、集団生活の中で落ち着きのない子として指摘されることが多いです。

3.混合型

「不注意」と「多動性および衝動性」の特性をともに満たしているタイプです。

特性自体を治療することは難しいですが、早期から介入し療育をおこなう事で、いじめ、不登校、抑うつなどの二次障害を予防することができると言われています。

・ADHDの原因

原因ははっきりわかっていませんが、とくに関係が深いとされているのが遺伝です。

さまざまな研究により、ADHDは前頭前野を含む脳の働きの偏りや神経伝達物質の機能不全により、不注意や多動・衝動性の症状が現れると考えられています。

ドパミンやノルアドレナリンのような神経伝達物質が不足し神経伝達に異常が起こっていると言われています。

神経伝達物質が不足する事で「物事の優先順位をつけたり、順序だてて行う」などの「実行機能障害」が起こったり、「待つことができない、依存が生じやすい」などの「報酬系の障害」が現れると言われています。また遺伝的な要因や、周産期の要因、環境要因が複雑に絡み合ってADHDの症状が出現すると考えられています。

米国の研究では、ADHDの遺伝率は推計で75%と報告されています。

このように、家族や近親者の病歴がADHDの発症に影響している可能性が指摘されています。

保護者の方が、過去に自分がADHDと診断された経験があり困っていたりする場合、子供のADHD診断や対処法の手がかりとなることもありますので、まずはかかりつけの小児科医など身近な医師に相談してみましょう。

実際、ADHDの症状を持つ保護者がADHDの子供の様子をみていると「自分の幼少期にそっくりだ」と感じる事も多いようです。

その場合、保護者は「自分が感じてきた生き辛さを子供にもさせたくない」という思いで厳しく育ててしまうこともあります。

一方で、「ADHDの症状をもっている理解者であり、経験者」として子供をサポートできる可能性を持っています。

ADHDは早期に専門的な介入を行い、適切にケアをしていけば、日常生活の困難さを低減することが可能です。

充実した学校生活を送り、社会で自立できるよう、気になることがあれば医療機関の受診や地域の発達障害支援センターなどへ相談する事をおすすめします。

まとめ

私の息子は現在ADHDの二次障害で過剰な不安や緊張、抗うつ気分、社交不安、不登校等で自分と向き合っています。

波はありますが、頑張ってみようと一歩ずつゆっくりとに前へと進んでいます。

大好きな少年野球も頑張って練習しています。

少数派で生きづらい環境の中、本人達は一生懸命頑張って生きています。

親御さんの心が折れないよう完璧を求め過ぎず、その子の個性を受け入れ諦めない事が大切だと思います。

二次障害についてはこちらから読んで頂けます。

https://a.co/0H76Htv

電子書籍を出版しております。興味がある方は是非読んでみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ADHDの種類と症状について” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。